どこで仕掛ける?信用取引を行うタイミング

信用取引を行うタイミングには細心の注意を払おう!

信用取引は株取引の幅を広げてくれる、大変有用性が高い取引です。その本質は証券会社から株を借りて運用を行うことですが、利益が拡大することに比例して損失の可能性も高まりやすく、さらには現物取引と比較して余分に取引コストがかかるため、その運用には細心の注意を払わなければなりません。「信用取引は怖い」とよく言われますが、こうした注意すべき点を抑えずに気分に任せて取引を行ってしまって損を出す人が多いためにそのように感じられているだけで、堅実な運用方法を守れば恐怖感を感じることは無くなります。

「下がるかも」では少し様子を見る

信用取引は株を借りて運用するため、売りからスタートできます。つまり、株価の下落局面を利益を出すチャンスにすることができるのですが、買いの場合と同様に、なかなか思った所で思ったように動いてはくれません。典型的な株価の動きの場合、買いで利益を出したい場合は素早く取引を行う必要がありますが、売りに関しては若干の上昇を伴いながらも継続的に下げることが多いので、下落局面に移行したことを確認してから信用取引を始めても、十分に利益を出すことができます。

現物で買った際に信用で売る

株取引で最も重要なのはリスクコントロールです。いかに損失を減らすのかという観点で取引をすることが、株式市場で生き残る唯一の手段だと言えます。そうした取引に信用取引を利用します。具体的には値上がりが見込めそうな銘柄を購入する際に、それとは株価が対関係にある別銘柄を信用取引で売ってアテが外れた際の保険にするわけです。一見利益を減らしてしまいそうな取引のやり方ですが、別銘柄にするというのが肝要で、上手くいけば現物・信用両方の取引で利益を出すこともできるかもしれません。

信用取引のメリットとは、レバレッジをきかせることによって、自分が実際持っているよりも多くの金額を使って取引ができるということです。