クリエーターの専門学校はどんなことやるの

将来はテレビ業界!テレビ制作を学ぶ

プロデューサーやディレクターといった番組の企画や現場の責任者として、予算や出演者の管理といった裏方のマネジメントや、現場の各セッションのスタッフの束ね方、作品のディレクションについて学びます。専門学校によっては、インターンとして撮影現場でアシスタントをしつつプロの現場を実践で体験しながら学ぶことができます。学校でもプロの現場と同様のことを学ぶために、本格的なスタジオを完備し機材をそろえている学校もあります。

演劇やミュージカルを支える技術を身につける

演劇やミュージカルで必要とされている音響や照明、舞台のセットを作成することを学びます。照明や音響一つとっても実践を交えつつプロとしてのスキルを身につけていきます。専門学校によっては、プロとして活躍している人を招いて直に指導を受けることができます。また、舞台監督として将来働きたい人のために、監督を養成するコースを持っている学校もあります。演劇やミュージカルはたくさんのプロがかかわって成り立っています。そのマネジメント力を磨き、即戦力になるよう指導しています。

漫画やアニメが好き!漫画、アニメを学ぶ

漫画やアニメといっても手書きで学ぶわけではありません。いまでは、パソコンを使ったデジタルコミックをプロも多様しています。漫画制作の基礎からパソコンを使った作画まで幅広く学びます。アニメーションもCGが導入されている昨今、映像編集に至るまでどのように行うのかより実践的に学びます。また、イラスト力は必ず必要であるため、デザインの基礎やキャラクターのデザインのスキルも総合的に身につけていきます。将来は、アニメ、漫画に限らず広告業界等幅広く対応できるようにサポートしています。

ゲームの専門学校とはゲーム制作について色々なことが学べる学校です。ゲームが好きな人には楽しく学べます。