エクセルを使うならまずは簡単な計算からはじめてみましょう

エクセルでできること

エクセルとはマイクロソフトが発売しているオフィスソフトの1つで、表計算ソフトとも言われています。簡単な計算から複雑な計算や集計、それを元にしたデータベース作成、グラフ作成をする時に便利なソフトです。エクセルを使いこなせると仕事もスピードアップできて見やすくわかりやすい資料作成も可能です。必要なデータだけを素早く取り出すテクニックやシート別に必要な集計が出せる関数なども、ぜひ覚えて活用したいですね。

まずは足し算からやってみましょう

エクセルを使うのが初めてなら、まず簡単な足し算から試してみましょう。例えばA1のセルとB2のセルの中に入力されている数字を足したい時は、答えを入力したいセルC1に=A1+B1と数式を入れます。=を最初に入れることによって計算式の始まりを意味します。=を入力した後は足したい数字が入ったA1のセルをクリックすればC1のセル内には自動的に=A1と入力されます。+を入力したらB1のセルをクリックすればその2つを足した値が表示されます。セル番号を手入力する必要はありません。

関数を用いてより便利に

A1からA10に縦方向に入力されている数字の合計を出したい時は、合計したいセルをドラッグして選択し、画面上にあるオートSUMをクリックすればたちまち集計ができます。オートSUMの横の下向き三角形を押せば、平均や最大値、最小値もあるので、クリックするだけで希望する数値が取り出せます。同じ計算方法を隣のセルや下のセルにも反映させたければドラッグするだけで数式がコピーされます。こうして1つずつ技術を自分のものにしていけば、複雑な関数の利用もできるようになります。

建設や建築の需要が高まっていることから、CADの求人も増加傾向にあります。CADを学ぶなら、CADのスクールで学ぶと実践的に学ぶことができ、仕事に生かすことができます。