FXにおける鉄板の売買タイミングを三つ紹介します

ブレイクの初動を狙う

FXではレンジ帯を抜ければ強いトレンドが発生します。そのタイミングを捉えると大きな利益を得る事ができます。つまりブレイクの初動を見極めるという事です。FXはダマシが多く、ブレイクと見せかけて逆行する事も少なくありません。しかし、ダマシを警戒していては利益を追求できません。ダマシかどうかは誰にも予測できないので、ブレイクした瞬間は全てエントリーする必要があります。その代りストップロスも直近に置き、リスクリワードを1対3ぐらいにしておけば、トータルでの収支はプラスで終わり易くなります。

ダイバージェンシーでエントリー

ダイバージェンシーとは逆行現象の事です。FXのチャートにはローソク足がプロットされたメインチャートとオシレーターを表示したサブチャートがあります。メインチャートでは上昇しているのに、サブチャートでは買われ過ぎのシグナルが出た時がダイバージェンシーになります。その瞬間が絶好のエントリーチャンスになります。逆にポジションを持っている状態でダイバージェンシーが発生すれば、それは利食いのシグナルになります。

トレンド転換を狙うと高勝率

トレンドはいつまで続くか誰にも分かりません。しかし、必ずトレンドは終焉を迎えるので、強いトレンドが続いた後は警戒心が強くなりエントリーに躊躇してしまいます。そこで、考えられたのがトレンド転換でのエントリーです。明らかに逆方向に価格が推移すれば、反対方向にトレンドが発生したと判断できます。世界中の参加者が追随するので高確率で利益を残せます。判断に迷った時はトレンドラインを引きブレイクしたかどうかを見定めると良いでしょう。

為替とは現金の直接的な取引を行うことなく、金銭の決済をおこなうことをいいます。小切手や手形などで決済する方法があります。