信用取引で損をしないための自分ルール3つ

リスクを考え計画する

信用取引は、自分の代わりの資金運用してくれる制度で、専門家が取り組んでくれるので安心してお願いすることができます。しかし、100%利益を出せるわけではなく、損をする場合もあるので注意しなければなりません。注意すべきは、安心し過ぎて高い費用をかけてしまい、大損する可能性を見過ごす点です。ほんの少しでも稼げれば良しと考え、費用は少額にしておくと良いです。少しずつではありますがお金を増やすことができ、仮に損を出したとしても少額で済みます。

良い話に流されないように注意する

信用取引を利用していると、必ず良い話が舞い込んで来て、思わずお金をかけたくなります。儲かる話になっており、それもたくさん稼ぐことが可能となります。しかし、良い話にはリスクがあり、高い確率で損をしてしまうので注意しましょう。仮に興味を持ったとしても、その話を詳しく聞き、自分で考える必要があります。本当に稼げるのか、その根拠は何か、騙されてはいないかなどと考え、その上で選択することが大切です。リスクを考えると、話を聞く前に断ると良いでしょう。

少額にしておくことで税金回避

信用取引でお金を稼ぐと、税金を支払う必要が出てきます。稼げば稼ぐほど支払う額が大きくなるので、調整する必要があります。しかし、稼ぐ額を最低限に留めておくことで、税金を支払わずに済む可能性があります。あからじめ、税金が発生する額を知っておき、その額まで稼ぐ計画をします。その額に達した場合、税金を回避するために信用取引をストップすると良いでしょう。少しでも超えてしまうと、結果として損をする可能性が出てしまい、損を打ち消すようにそれ以上を稼がなければならなくなります。

信用取引の費用は証券会社によって変わってきます。そのため、証券会社のホームページで確認することをおすすめします。